banner

グレステンの包丁

グレステンの包丁について


グレステンの包丁は、サビや強度、切れ味の持続性、耐摩耗性などの品質を徹底追及し、高度な機能を実現するために、超低温処理をはじめとして、何段階もの特殊な処理を行ったグレステン鋼を使用しています。

この包丁の特徴でもある、刃の特殊形状ディンプル加工は素材との摩擦抵抗を考えて研究されたグレステン包丁のオリジナルのスタイルです。

そのため、使っていただけば、刃離れの良さや軽い切れ味を実感することができます。

さらに、一本一本専門の技術者がハンドメイドで仕上げています。鮮やかな切れ味と優れた耐久性を誇る包丁となっているので、プロの料理人から一般の家庭の主婦までさまざまな方に使われています。

包丁の種類もとても豊富で、ペティナイフだけでも10種類以上の品揃えがあります。ペティナイフは、皮むきやスライス、刻みなど万能的に使っていただくことができます。刃渡りは、10cmから14cmのため、家庭用にはちょうどいい大きさとなっています。

小型で使いやすいため、朝などの忙しい時間にも果物をむいたりするのに、パパッと簡単に使うことができるため一本あればとても便利ですし重宝します。

また、牛刀も10種類以上の品揃えがあります。牛刀は、お肉でもお魚でもお野菜でも、どんな食材にも万能的に使っていただける包丁となっています。お肉の筋もとりやすいですし、堅い食材でも簡単に切ることができるのです。

牛刀は、プロの方も使われていますし、一般の家庭の方でもお料理が好きな方や、お料理を趣味とされている方にとても人気があります。

刃渡りは、21cmから36cmとなっています。ツバつきのものは柄の強度が増し丈夫ですし、ステンレス一体型のハンドルのものは、衛生面に優れているのでどちらもとてもおすすめです。お肉でもお魚でもお野菜でも何でも切ることができとても便利ですので、一家に一本あればとても重宝します。また、洋出刃や中華包丁もあります。こちらも種類が豊富です。

洋出刃は、主に魚をおろしたり、骨つきのお肉を切ったり、甲殻類のから割をする時にとても便利です。他の包丁に比べて、刃に厚みがあるのが特徴となっています。

刃渡りは、12cmから24cmとなっています。また、中華包丁は、お肉やお野菜、お魚などどんな食材を切るのにもむいています。

この二種類も、自宅に一本ずつあればとても役に立ちますし重宝します。料理の幅も広がること間違いありません。

Copyright(c)2017 世界の包丁を知って様々な包丁の強みを知りましょうAll Rights Reserved.